投稿

【新潟3区】衆院選・総裁選めぐり揺れる政界… 思惑錯綜するなか与野党の“大物議員”が来県 (24/06/18 19:45)

【PR】



































































政治資金問題を背景に岸田政権が揺れる中、与野党の大物議員が来県し、それぞれの主張を訴えました。衆院選や総裁選をめぐり、各党の思惑が錯綜しています。

6月9日、新潟市秋葉区で集会を開いたのは、立憲民主党で新潟3区から出馬予定の黒岩宇洋さんです。

新たに加わった選挙区で支持を拡大するため、党本部の岡田克也幹事長が応援に駆けつけました。

【立憲民主党 岡田克也 幹事長】
「私は自民党を上回る議席を取って、そして立憲民主党が主導して新しい内閣をつくっていく。そのことは十分に可能だと思っている」

岡田幹事長が言及したのは、10月の衆院選の可能性。黒岩さんへの支援を仰ぐとともに、政治資金問題に揺れる自民党を批判します。

【立憲民主党 岡田克也 幹事長】
「岸田さんに本気で火の玉になって取り組もうという気があるとは到底思えない」

一方、立憲民主党が政治資金パーティーを禁止する法案を国会に提出する中、岡田幹事長は5月、パーティーの開催を予定。批判が相次ぎ、パーティーを中止しました。

これに対して…

【参加者】
「やっていることと言っていることが違うじゃないか!」

参加者からは厳しい意見も。

【立憲民主党 黒岩宇洋さん】
「私も“企業献金もらわない”、“パーティー開かない”、やせ我慢してきた。でも、これは私が偉いわけではない。強いて言えば、私が図々しいから。(支援者の)日当代どころか、みんな手弁当。やっぱり中央でしっかり声を届けたい、そのために力を貸してください」

パーティーを開かず支援者の力を借りてここまでやってきたと訴える黒岩さん。

【立憲民主党 黒岩宇洋さん】
「しっかりと、これからどういう局面になっても勝ち抜く、風が吹こうが吹くまいが勝ち抜くというのは、私の今の責務だと思っているのでしっかりやる」

一方、対象的に6月16日、政治資金パーティーを開いたのは、3区選出の斎藤洋明衆院議員です。

【自民党 斎藤洋明 衆院議員】
「政治資金パーティーは最も開かれた資金調達の方法として非常に重要な仕組みだと思っている。問題は”不正を起こさない”ということだと思っている」

さらに駆けつけたのは、所属する派閥の会長・麻生太郎副総裁です。

【自民党 麻生太郎 副総裁】
「党の執行部の一人として、大変遺憾に思っておるところ。他方覚えておいていただきたいのは、この民主主義というのはコストがかかる」

政治資金規制法の改正を進めるとした上で、資金調達の必要性も訴えた麻生副総裁。

【自民党 麻生太郎 副総裁】
「おかげ様でこの岸田内閣、かれこれ3年近くが経とうとしているが、明るい兆しが出てきているというのは確か」

賃上げの実現など岸田総理の功績に触れて会場をあとにしました。しかし、その後…

【自民党 斎藤洋明 衆院議員】
「こうなった以上、自由民主党、誰かが責任は取らなければいけないと思う。”リーダーの責任”ということも私は大いに議論されるべきだというふうに思っている」

斎藤さんが持ち出したのは岸田総理の退陣論です。

【自民党 斎藤洋明 衆院議員】
「私自身は次の総裁選において、真に自民党を改革できるような総裁候補を応援したい」

今年9月の総裁選をめぐっても揺れる岸田政権。

このほか、3区には日本維新の会の吉村祐一郎さんも立候補を予定していて、衆院選に向けた各党の思惑が錯綜しています。