投稿

ファクタリング 情報館

【PR】



































































ファクタリング

ファクタリングは、企業が未収金を手放すことで、現金を獲得する手段です。通常、企業は商品やサービスを提供した後、顧客からの支払いを待つ必要があります。しかし、支払いまでの期間中に資金が必要な場合や、不渡りのリスクを回避したい場合に有効な方法です。

ファクタリングの仕組み

  • 企業はファクタリング会社に未収金の債権を売却する。
  • ファクタリング会社はその債権の一定割合(通常は80〜90%)を即座に現金で企業に支払う。
  • 顧客からの支払いがファクタリング会社に届いた時点で、残りの割合から手数料や手数料を差し引いて企業に支払われる。
  • ファクタリング会社はその後、債権の回収を行い、支払いを受ける。

ファクタリングの利点

  • 即座に現金を獲得できるため、資金繰りの改善が可能。
  • 未収金に関するリスクを回避できる。
  • 貸倒れリスクをファクタリング会社が負担する場合もある。

ファクタリングの欠点

  • 手数料や手数料が高くなる場合がある。
  • 信用リスクがある場合、ファクタリング会社が債権を買い取らない可能性がある。
  • 長期的には、ファクタリングが利益を減少させる場合がある。

資金調達

資金調達は、企業が事業を成長させるために資金を調達するプロセスです。企業が新しいプロジェクトを開始したり、設備を拡張したり、新しい商品やサービスを開発したりする際に必要です。

資金調達の方法

  • 株式発行: 企業が株式を一般に公開し、株主から資金を調達する。
  • 債券発行: 企業が債券を発行し、投資家から資金を調達する。債券には利息が付与され、一定期間後に元本が返済される。
  • 銀行融資: 企業が銀行から融資を受け、利息を支払いながら資金を利用する。
  • ベンチャーキャピタル: 成長段階の新興企業がベンチャーキャピタルファンドから資金を調達する。一般的に、将来の利益の一部を投資家に返済することになる。
  • 借入: 企業が友好的な組織や個人から資金を借りる。

資金調達の選択肢の考慮事項

  • 利用可能な資金の量
  • 資金調達の目的
  • 返済能力とリスク
  • 所有権と経営のコントロール
  • 市場の条件と競争状況