投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)をファクターと呼ばれる金融機関に売却することで、即座に資金を調達する方法です。企業は未来の売掛金を現金化し、資金繰りを改善することができます。

ファクタリングの仕組み

  • 企業がファクタリング会社に売掛金を売却する契約を結びます。
  • ファクタリング会社は売掛金の一部(通常は約80〜90%)を即座に企業に支払い、残りの部分を回収します。
  • 回収された売掛金から手数料や利息が差し引かれ、残額が企業に支払われます。

ファクタリングの利点

  • 即時資金調達: 企業は売掛金を現金化し、資金調達に迅速に対応できます。
  • リスク軽減: 売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負担するため、企業のリスクが軽減されます。
  • 信用向上: ファクタリング会社が売掛金の回収を担当することで、企業の信用力が向上する可能性があります。

ファクタリングのデメリット

  • 手数料: ファクタリング会社は手数料や利息を取るため、資金調達コストがかかる場合があります。
  • 顧客への影響: 顧客がファクタリングを知ると、支払い先が変わることによる信頼性の低下やイメージダウンが起こる可能性があります。
  • 適用範囲: すべての企業や業種に適用されるわけではなく、一部の業種や特定の条件を満たす企業に限られる場合があります。

資金調達の方法

ファクタリング以外にも、企業はさまざまな方法で資金調達を行うことができます。

  • 銀行融資: 企業が銀行から融資を受ける方法。通常は担保や返済能力の確認が必要です。
  • 株式発行: 企業が新株を発行して資金を調達する方法。株主には利益の分配権や経営に参加する権利が与えられます。
  • 債券発行: 企業が債券を発行して資金を調達する方法。債券を購入した者には利息が支払われるが、元本は後日返済されます。
  • 投資家からの資金調達: ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などから資金を調達する方法。

これらの方法は、企業の状況やニーズに応じて選択されることがあります。